English/ 英語

About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]

スピリチュアルツアー


富士山セレモニー2010

2010年7月11日(日)


7月11日の富士山セレモニーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
雨、風が強い中での作業は大変でしたがお越しいただいた方々のおかげで無事終了できました。

今回は以前から行っている地鎮儀式やシンボル設定のほか、 特にムーのエネルギーとつながるための瞑想、
その他今日本では口蹄疫のため殺されている動物への祈りを行ないました。

2009年6月のツアー時点ではムーの情報は出ていませんでしたが、 セレモニーの最後にロブが富士山を
チャネリングした時に始まった言葉が
「私たちは富士山の上(On)にいる存在ではなく、中(in)にいる存在です。」でした。
何故上だとか、中だとか、細かいことにこだわるのか不思議に思いましたが、地中にいる存在であることを
この時から啓示する必要があったように思います。

これからムーのエネルギーが解放され、日本、世界に最善の影響を与えていくことを願い、
また、そう選択する人は、その変化を進めるための行動をとりましょう。


2010年7月11日のプログラム

1. コスミック・サイクル・生命の木アクティベーション
世界中のライトワーカーが私達と一緒にアクトゥリアンスの生命の樹の活性化を行います。
この生命の樹とはアクトゥリアンスによってダウンロードされた12のエーテル・クリスタルとつながっているもので
私たちはムーのエネルギーとつながる為に必要なその中の3つのクリスタルとのつながりを求めます。
2. トーニング
シンボルを設定した後に、参加者全員でムーのトーニングを行います。
3. 瞑想
ムーの5次元のエネルギーとつながります。
4. ロブ・クレアによるムーの存在のチャネリング
5. リヴィング・プレイヤー(生命への祈り)
口蹄疫で殺された牛や豚などの魂をサポートする祈り
6. 地鎮セレモニー
黄金の鍼を使い、富士山の下の溶岩を掻きまわして地盤の亀裂、割れ目にセメントのように流しこみ
富士山が噴火して大きな地震が起きないようにするための地鎮儀式です。
7. レイのチャネリング及び地軸変更のセレモニー
私達人類は、2008年9月、集合的に地球の回転を0.5度変えることに決めました。
これは人類が自分達で変更したものを適切に元に戻せるかどうかを確認するために自分達に課したテストでした。
残念ながら人類は全体としてこの変化を戻すことが出来ずにいて
世界中の異常現象がこの変化によって更に加速されてしまっています。

個人の生活でも、上手く行っていたことが行かなくなっています。
日本では4月、米国・セドナでは5月の積雪、世界における地震発生頻度の高まり、アイスランドの
火山噴火なども私たち自身が愛する地球に対して行った変化の結果です。

この状況をすぐにでも修正する必要があります。特定のシャーマニック・ベネボレント・マジック
(シャーマンの最善を求める方法)によって集合的に変化を促すことが出来ます。
この方法はグランドファーザーとイシスという偉大なティーチャーから与えられたもので
このセレモニーを富士山にて行います。

8. 母なる地球、富士山の女神、創造主への感謝を伝えて終了。

当日の様子:

バスの中でコスミックサイクルや生命の樹についての話をロブが行ないましたが、
設定場所についてからは雨で時間の余裕がなく、特に車で来た方には説明不足のまま
始めることになってしまい申し訳ございませんでした。


当日はまず浅間神社に参拝。
そこではまだ雨も降らず、昨年11月にムーのエネルギーを開く為にクリスタルを埋めた
神社の裏の林にいきました。(ゼロ磁場だった場所。その時の日記
相変わらずパワフルな場所でした。

車できた皆さんとスバルラインに向かうと雨が降り始めました。
5合目手前のシンボルを設定した場所に着き、雨なのでバスの中で昼食。
その間、レイとKaimeiさんがセレモニーをする場所を確認に行きました。
戻って来て、去年設定したシンボル(石を並べて作った)がそのまま残されていたことを教えてくれました。

雨はさらに強くなり・・・それでも時間になったので皆、バスを降りてセレモニーの場所へと向かいました。
霧、風もあり、かなり気温も低く・・・そんな状況でしたが広いスペースを見つけ
時計の形をしたコスミック・サイクルの図を描き始めました。

コスミックサイクル:

★ 12:00 - 1:00 (水がめ座) (23,907 BC - 21,747 BC):
ムーの土地 アセンション意識の時代 
ヒーリングマントラ:バイオ・リラティビティ(生物相互依存性)
★ 1:00 - 2:00 (山羊座) (21,747 BC - 19,587 BC):
カルマの学びを促す地球上のグリッド調整の時代 
ヒーリングマントラ:思い出す
★ 2:00 - 3:00 (射手座) (19,587 BC - 17,427 BC): 
天体活動を理解するが外向きの意識の時代 
ヒーリングマントラ:受容力・開放
★ 3:00 - 4:00 (蠍座) (17,427 BC - 15,267 BC):
男性性のバランスの欠けた母権社会の時代 
ヒーリングマントラ:感情の解放
★ 4:00 - 5:00 (天秤座) (15,267 BC - 13,107 BC):
進化への希望はないが自然、自然界のスピリットとの調和の時代 
ヒーリングマントラ:顕現
★ 5:00 - 6:00 (乙女座) (13,107 BC - 10,947 BC):
アトランティスの終末 技術と外的な美が精神性よりも強調された時代 
ヒーリングマントラ:感謝、敬意
★ 6:00 - 7:00 (獅子座) (10,947 BC - 8,787 BC): エジプト有史以前 
ピラミッド建築 階級社会であり創造主の偏在性についての認識がない時代 
ヒーリングマントラ:祈りと瞑想:
★ 7:00 - 8:00 (蟹座) (8,787 BC - 6,627 BC):
モーセの律法 裁きの時代 
ヒーリングマントラ:解放、許し
★ 8:00 - 9:00 (双子座) (6,627 BC - 4,467 BC):
伝統重視の閉ざされた社会の時代 
ヒーリングマントラ:古代遺産
★ 9:00 - 10:00 (牡牛座) (4,467 BC - 2,307 BC):
シュメール・メソポタミア、エジプト知識人優勢 
ヒーリングマントラ:無条件の愛
★ 10:00 - 11:00 (牡羊座) (2,307 BC - 147 BC): ギリシャ、フェニキア、タオイスト 
思考と身体重視の時代 
ヒーリングマントラ:美しさ、神聖さ
★ 11:00 - 12:00 (魚座) (147 BC - 現在): イエスの時代から現在まで 
両極性が統一意識へ向かう時代 
ヒーリングマントラ:統合、変換、恩恵


まず、ソプラノの音が出せる人達がトーニングをしてムーの存在を呼び出しました。
高い音が場の設定も行なってくれました。
この輪の中に、光の球体のビジョンを見た人もいました。




参加者は12の時代の中で共感できるものを選び、その場所で
ヒーリングマントラをクリスタルに設定します。








その場所にクリスタルを埋めました。






そしてその中に、さらに生命の樹の図を描きました。

生命の樹

1. 富士山:包括的な宇宙の光(クラウン) マスター:メタトロン
2. ボーデン湖(ドイツ):知恵、理解、直感(右脳) マスター:チーフホワイトイーグル
3. モレーン湖(カナダ):知識・知性・理性(左脳) マスター:ヴィアモス
4. シャスタ山:愛ある親切心と地球への慈愛 マスター:ホワイトバッファローカーフウーマン
5. ポアズ火山(コスタリカ):強み・自制心・判断力 マスター:大天使ミカエル
6. セラト山(スペイン・ハートチャクラ):神聖な救世主エネルギー マスター:サナンダ(イエス・キリスト)
7. コッパー・キャニオン(メキシコ):3次元における5次元エネルギーの顕現 マスター:トマル、アラノ
8. グロス渓谷(オーストラリア):新しい地球社会の創造 マスター:サナトクマラ
9. タウポ湖(ニュージーランド):聖地の創造 マスター:聖母マリア
10. ラゴ・プエロ(アルゼンチン):地球上の顕現エネルギーの維持 マスター:スピリットファイヤー
11. イスタンブール(トルコ):隠された知識の解明 マスター:ヘリオア
12. ボカイナ火山(ブラジル):地球の3次元・5次元エネルギーとの交流 マスター:ジュリアーノ


地軸を元に戻すセレモニーも行ないました。
一定の方向を向いて特定のジェスチャーや体の向きを変える、
シャーマニックの方法です。


子供達は寒い中でも元気に走り回り、いいエネルギーを保っていてくれました。




ロブがムーの土地の存在、アキーナをチャネリングしてくれました。

ロブのチャネリング

こんにちは。私はアキーナです。
あなた(ロブ)はこのイベントに関してナーバス
になっていましたが、そのような必要はないことが分かったはずです。
全てうまくいきました。完全なタイミングで実行されました。
今日、皆さんは、このサイクルの全ての時期を思い出すのに役立つ
コスミックサイクル、つまりメディシンウィール(薬の輪)を設定しました。
いつの時代にもポジティブな面とネガティブな面との両方の側面がありますが
今日行ったワークによってそれぞれの時代の学びを癒し、統合する機会を創造しまし
た。

現在では実際に26018年間の全てのサイクルのコスミックカルマを
一度に学びとり、統合し乗り越える機会と恩恵を得ているのです。
その中央に描いて活性化した生命の樹はコスミックサイクルに関連し、
ツールとなって人間と地球へと、世界中にそのエネルギーと学びを伝達します。

何故この場所なのかと思っているかもしれません。
何故富士山なのか?
富士山は多くの人々により信仰され、称賛されています。
集まってくるエネルギーにより聖なる場所となるのです。
この愛のエネルギーが必要であり、また重要なのです。
またこの位置はずっと昔にあった私達ムー文明の中心でもありました。

ムーの文明はアセンションしました。
何故、ここ、富士山の地中にムーのエネルギーを保っておかなければいけなかったの

不思議に思うかもしれません。それには幾つかの理由があります。

まず、私達のアセンションエネルギーや他の惑星体系へアセンションした家族につな
がるための地点を置く必要がありました。富士山は宇宙のエネルギーと深くつながっ
ています。

もう一つの理由は私達の文明のエネルギーを地球に設定するためでした。
世界中にインナーアースの都市があり、私達と連絡を取り合っています。
今日お伝えしたいのは、それぞれの地中都市が独自のエネルギーを保っているという
ことです。
それを知らない人も多いのです。
私達は私達の文明の独自の軌跡をこのような形で提供しているのです。

これは以前にも言いましたが、もうエネルギーやメッセージ、インスピレーションが
この場所から外に出ていく時期が来ています。

今まではエネルギーは内側に入る流れでした。
でも実際には26000年の間、私達はほとんど人類とコンタクトを取っていません。
今はこれを変える時で、ちょうどいいタイミングです。
メッセージ、インスピレーションの形式であなた方とコミュニケーションを取ってい
きます。

あなた方の多くはこのエネルギーが来ることに気がつかないかもしれませんが
それでもこれからは、より大きな波動をもつことになり、
人類と地球に恩恵のある、癒しの影響をもたらすことになります。

ムーの土地のエネルギーはこの土地の二極化のバランスを整え、社会の
最善の側面をもたらすと言う意味で大きな癒しの影響を日本に与えます。

ムーの土地のエネルギーは自然の、古代の遺産であり、日本が継承しているもので
す。
皆さんのワークに感謝します。このつながりは皆さんなくしては作ることができませ
んでした。
これから意識的にあなた方にコンタクトをしていきます。

私はアキーナです。よい1日を。





以下、セレモニー終了後のチャネリング

こんにちは。 私はメタトロンです。 昨日のセレモニーでのワークに感謝します。
雨で不快な思いをした人もいるでしょう。 でも雨は必要な過程でした。

つながりを作ったことにインナーアースの存在は感動し、喜んでいます。
セレモニーを行った人の中にはその存在とのエネルギー的なつながりを感じる人も出てきます。

この時期にこの地球上に必要であったこの作業を行ってもらったことに感謝します。

このセレモニーの意味をよく理解しないまま関わった人もいます。
それでも、実際にその人の魂がこのセレモニーの一部となることを選んだのです。

この次元では出来事の善し悪しを判定することはありません。
それよりもそれを行った人たちの集合体としての意図を受け取ります。
セレモニーを行った人の意図によりエネルギーが創り出され、それが土地に対して流されました。

セレモニーによりこれから変化が必然的に起こることになりますが同時に人から働きかけることもできます。

ムーの活性化に興味のある人が、インターネット上でも電話上でも定期的に集まり
ムーからの情報を受け取るといいでしょう。
ムーのエネルギーを活用して何をしていくのかを考えるコミュニティを創造してもいいでしょう。
ムーのエネルギー、情報について経験をシェアし、意見を言い合える場所を作ると言うことです。

グループのエネルギーでこのような場を創り出すことはムーのエネルギーを活用するのに役立ちます。
誰が行うかは重要ではありません。
もう人間は個人の意識から集団の意識に移行する必要があります。


Q.ムーとつながる方法は?
瞑想状態に入り、肉体にいながら自分がムーにいるのを想像します。
またはシンボルを描いた場所に自分がいるのを想像してもいいでしょう。
あの場所は多くの人に祝福され、浄化された場所で、これからも
ポジティブなエネルギーが残ることになります。

あの場所にはセレモニーの間、またその後もムーの存在が訪れています。
つながることに関しても意図が大きな意味を持ちます。

シンボルを設定したあの場所で瞑想をすると容易にインナーアースの存在の
エネルギーを感じることが出来ます。また地球そのものとつながるにもいい場所です。

また人が集まって瞑想をするといいでしょう。 いい経験をすることができます。

Q.富士山の地下にあるムーの土地とは歴史上あったと言われているムー大陸のことですか?

A. 昔、アセンションしたムー大陸と同じです。

Qアトランティスと同じということですか?

A ムー大陸とはアトランティス大陸とは別のものでした。

Qシャスタ山はレムリアの人々が作ったと言うことですが、このムーは
ムー大陸の人々が作ったと言うことなので、レムリアとは違うと言うことですか?

A 違います。

Qムーとはいつごろの文明ですか?

Aアトランティスと同じ頃です。

Q. ムー大陸はアトランティスと同じように沈没したのではないのですか?

A ムーはマヤ文明と同じように次元上昇しました。

Qムーとは大陸だったのですね。その大陸がアセンションしたということですか?

A. ムーの人々がアセンションし、大陸はアトランティスと統合されました。

Qでは、ムーのあった場所はどこですか?

A ニューメキシコのサンタフェから南です。

Q何故富士山を選んだのですか?

A適切な時期を待つのに、害がない、適切な波動をもっていたのが富士だったからです。

Q 世界の中で富士山の地下と同じようにムーのエネルギーを保っている場所はありますか?

A ムーのアセンションのエネルギーを保っているのは世界で富士山だけです。
ムーの土地の人々の教えはアクトゥールスに由来するものです。

Qでは、アクトゥールスによってムーの文明が作られたと言うことですか?

A 大きな影響を受けています。
 アトランティスは技術が高度に発達していましたが、この文明も他の惑星から
大きな影響を受けていました。ムーはアクトゥールスの導きに従い、アセンションをしました。

Qムー大陸での生活はどのようなものでしたか?

A.集合意識によって波動を上げていました。

Q 3次元の肉体を持っていましたか?

A持っていました。

Q ムーのインナーアースには何人位いるのですか?

A何百万もいます。

Q 彼らはどのような状態、形ですか?

A 人間のような形をしていますが、3次元の肉体を持っているわけではありません。
 光で作られた身体をしています。

Q 人に見える体ですか?

A 第3の目を開けば彼らの光の身体を見ることが出来ます。

Q 彼らは食事をしますか?

A生きているものは呼吸をし、食べる必要があります。ただし彼らは
光の粒子を食べています。

Q ムーはシャスタ山と違い、その存在とつながるためにムーに入るのではなく、
その存在を外に呼び出す必要があるということですが何故ですか?

A 準備が出来ていないからです。シャスタとは異なる波動を持っています。
そしてムーには幾つかの秘密があり、それが間違った方法で使われると地球に
大きな影響が出ることになります。

Q それは何らかのテクノロジーということですか?

A 地球に恩恵をもたらすスピリチュアルなテクノロジーであり、固く守られています。
それでも高い波動を持った人々はこの文明とつながることが出来ます。

ムーとつながりたいと思う人は寝る前にガイドに魂をムーの存在とつなげることを
頼むといいでしょう。

Q ムーの存在はテロスなど他の地下文明との交流をしていますか?

A インナーアースはそれぞれ異なる波動を持っていますがつながっています。
テロスの存在であるアダマも交流を持っています。

Qムーとつながる為の色はありますか?

A 主に必要なのは意図です。求めれば与えられます。その場所に行くことを意図してください。

Q ムーとつながる為のトーニングはありますか?

A 先日行ったトーニングは役に立ちます。

Q 浅間神社はどのような意味を持ちますか?ポータルなのでしょうか?
特に建物の裏の場所はパワフルに感じますが。

A 世界には高次元のエネルギーを取り入れることが出来る場所が各地にあります。
あの場所もその内の一つです。





2009年富士山ツアー(シンボル設定)の様子

2008年6月富士セレモニーの感想



 
Home