English/ 英語

About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]

スピリチュアルツアー

富士山

富士山瞑想会2010

2010年9月11日(土)

新宿駅中央西口改札:9時集合(バスで5合目に向かいます)
現地集合:スバルライン入口:11時

メタトロンから9月に再度富士山に行って瞑想をするようにというメッセージが来ました。
富士山での瞑想会の内容は以下の通りです。

・ムーに関する公開チャネリング
・ムーのシンボル設定
・クリスタルを埋め、ムーのエネルギーをチャージさせて持ち帰る。

9月11日に関するチャネリング
私はメタトロンです。
富士山ですべきことは101010の準備を進めると言うことです。
進化の次の段階に進むため、クリスタル体に自分を変えるための準備を進めます。
富士山に2009年、シンボルが描かれ、種がまかれました。
埋めたクリスタルを活性化し、山の下にある高い波動を表面にもたらすことになります。

参加者は浄化した透明のクリスタルを持ってきて、地中に埋めます。
瞑想をしながらこれらのクリスタルが古代から続く、アセンションのエネルギー、身体の変革のエネルギーである
ムーのエネルギーを集めることを意図します。

その後地中から取りだし持ち帰ることになりますが、これは個人のみで使用するものです。
瞑想をしながら、ムーの存在やアダマを呼んでください。
ムーやその存在の名前をトーニングしてください。

彼らはすでにエネルギーを発し始めていて、それがさらに進むことになります。
もっとムーとのつながりを感じ始めるはずです。

あなたはこの時期に地球上のムーの土地のエネルギーを活性化することを決めてきています。

地上にムーのシンボルを描くといいでしょう。


当日のプログラム

9時15分新宿駅出発、11時スバルライン入口集合、
5合目周辺のシンボル設定場所に向かいます。

・ムーの活性化のためのトーニング
・ムーのシンボル設定
・公開チャネリング

2時間の予定です。

北口本宮浅間神社参拝
7月に参加された方から、浅間神社の裏手がゴミが落ちていて悲しくなった、という
メールをいただきました。浅間神社、富士山とも日本はもちろん、地球の波動を保つ
大切な場所なので、可能な方はゴミ袋(スーパーのレジ袋)をご持参いただき、
見つけたゴミを持ち帰りましょう。

時間に余裕がある場合は温泉にも寄りたいと思います。

参加費:
新宿からバスで参加の場合:7,500円
現地集合:2,500円
持ち物:お弁当・飲み物・防寒着・雨具
 ・ごみを入れるビニール袋(任意)・ムーのエネルギーを設定するクリスタル(希望者)


場所等が変更になる可能性があるため、事前の申し込みに
電話番号をお知らせください。

2010年7月富士山ツアー
2009年富士山ツアー(シンボル設定)の様子


参考:
富士山について −ロバート・シャピーロ著 全ての物質とつながるシャーマンの秘密より


富士山はとてもスピリチュアルな山で、日本列島や近隣アジア諸国のいわゆる大事な「ツボ」
にあたる場所で、非常に広範囲に影響を及ぼす山です。

日本はもとも地質学的に活発な場所であり、不安定な基盤の上に存在します。
また、日本列島には想定以上の人が住んでいます。
本来、この島はセドナと同じように、人々が観光や信仰のために訪れる、幾つかのお寺があり、
観光客や巡礼の人々を迎える数十人の人が生活することになっていました。
現在の中国本土から人々が訪れ、1,2ヶ月ほど巡礼活動を行い、帰っていく、それが
本来の日本の姿でした。


富士山に捧げるジェスチャー:

このジェスチャーは溶岩が噴火して表面から外にでるのではなく、噴火口を針で刺し、
その穴を通して溶岩を地下に流し、周辺の亀裂の入った地盤に流し込むことによって、
地盤を固め、噴火及び地震による被害を最小限に抑えるためのものです。

1. 富士山の絵を見るか、イメージします。

2. 長い、黄金の針をイメージします。

3. その針を両手でもって富士山の噴火口に優しくさしこみます。
(決して強く押し付けないこと)

4. ゆっくり刺激をして、溶岩が下へと流れていくのを想像します。

このとおり、手でジェスチャーをしながら行います


注意:針は強く押さないこと。。強く刺激をして噴火を促しては困りますから。


ロバート・シャピーロ シャーマンの教え

 2008年6月富士セレモニーの感想



 
Home