English/ 英語


About Us

チャネリング
公開チャネリング
個人セッション

チャネリング情報
クライオン
ロバート・シャピーロ
アンマ
ガイア
クツミ

トッド・オボカイティス博士
ロバート・コクソン

エネルギー・ワーク
EMFバランシングテクニック

イベント
イベント・セミナー日程
スピリチュア・ツアー
 
プロダクト
ヒーリング音楽
ソウル・ペインティング
タキオン

 [リンク]
 [お問合せ]

 [Home]


リー・キャロルによるクライオン・メッセージ


水の結晶

2002年の10月27日にドイツのハンブルグで開催されたクライオンのセミナーで、集まった1500人以上の参加者とともに、
リー・キャロルはステージ上においた水に向けて、愛と平和の波動を送りました。
東京のI.H.M.総合研究所研究所撮影した、波動を送る前後の水の結晶写真です。

祈りを送る前 祈りを送った後



江本先生へのメッセージ

この本がまだ世界中で読まれるようになる以前の2000年に、あるセミナーで、参加者から「水からの伝言」を
紹介されました。少し目を通しただけで、とても興奮したのを覚えています。
過去十数年の間、クライオンのチャネリングの内容を確証づけてくれる何かを探していたからです。

アメリカの出版社から江本博士の資料をプレゼンする許可を得て、アメリカ、フランス、ドイツ、スイス、
そしてオーストリアなどで紹介しはじめました。

まだ、江本博士の研究の重要性を本当の意味で理解していない人もいるかもしれません。それは音楽でもなく、
言葉でもなく、祈りでもない、人間の思考の力について説明するものです。全ての物にはエネルギーが存在しています。
クライオンは長い間、人間、個人が、祈りや瞑想によって自分の細胞構造をも変えることが出来るマスターとしての
能力を持っていると伝えてきました。

考え方を変えるだけで、免疫システムの活性化、DNAの変更、そして口にする食べ物のの本質を改善することも
可能であり、そして、人間が集まれば、非常に大きな事が変化しうるのです。

江本博士の研究は、世界で初めて、的確な実験室で制御テストを実施し、反復実験により確証を得るという方法で
これらのことを証明してくれました。人間の意識が水の分子の属性を変える、ということだけでなく、
江本博士の、この分野の実験では、自然のただなかにある湖でさえ反応することを明確に示しましています。
数人の祈りによって汚染された、または汚染されつつある水を変化させ、地球上で人間がどれほどの力を
持っているかについて実証したのです。

クライオンのチャネリングでは、体内に入る前に、食べようとしている食物を変えて、より身体に役立たせることが
出来ると言っています。 江本博士がまさにその実験をしました。
その炊いたお米の実験では、食べ物に敬意を示した場合と、屈辱を与えた場合とで、一ヶ月もの間、
どのような違いがでるのかを示しています。その結果を目にした時、彼こそ、私たちがすでに知っていたけれども、
一般的ではなかったこの考え方について確証をもたらす、世界のパイオニアであると知ったのです。

私は江本博士に敬意を抱いています。彼は世界の科学者達の厳しい批評に立ち向かっている勇敢な研究者です。
最近、私たちは何を知っていると言うの?」という映画が公開されました。
それには、今地球上で奇妙な出来事が起こっていて、人々はそれに気づくべきである、という映画ですが、
その中で江本博士の研究が紹介されています。
江本博士がこの映画でのご自身の研究の捉えられ方をどのように考えているのかは分かりませんが、
彼の研究と現在主流である科学的見解とを対面させています。

世界中の実験室で前述の実験の、同じような結果が得られるにもかかわらず、思考によって水の分子構造や
食べ物を変化させるという考えは、欧米では容易には受け入れられない概念です。
その為、科学分野においては、自分たちで実際に実験をしたりせず、ただ嘲笑して済ませ、非常に深く、
また真実である何かを拒否してしまっているのです。

まだこの兆候を続くでしょう。ただ、“江本博士の研究が、人間の思考の力、特に瞑想と祈りに関する
理解への扉を開いた’と言われる日は必ず来ます。科学はこれを永遠に無視続けることは不可能であり、
彼らがこれらの実験がどこでも可能で、しかも同じ結果になると気づいた時、これらの深遠なエネルギー原理の
研究について、教えを請うことになるのです。今現在は納得出来ていない為、違った方法で見ているのです。

クライオンは私たちが集合的にこのような能力を持っていると言います。
私たちは、自分たちのため、家族のため、また地球の平和のために、一緒に祈るべきであると。
私は、地球には、私たちが健康に、平和に生きる能力を高める新しいエネルギーが来ていると確信しています。
このように考えているのは私だけでなく、例えばグレッグ・ブラデンなど、幾人かの科学者も同じ事に気づき始めています。

江本博士は、一般的な考えから一歩踏み出し、時代を先取りした、華麗な概念をもつ果敢なパイオニアです。
この研究は思索ではなく、真実の科学であり、このように物事は進んでいるのです。

地球に貢献する江本博士の研究に敬意をこめて


リー・キャロル
クライオン・チャネラー
www.kryon.com

Home